プロフィール

ゆい

  • Author:ゆい
  • 社会人。
    福井県在住。
    腐女子属性。
    ゲームとかマンガとかBLとか同人とか…大好物。

    ブログ名について。
    「つるつるいっぱい」とは、福井弁でコップなどに溢れそうなくらい水を入れることです。

    今年の目標
    ☆頑張って月3回は更新する。

    お気軽にコメント&トラックバックしてください♪
    リンクも是非(*^v^*)
    何かありましたら、コメントもしくはメールフォームからお気軽にどうぞ♪

    誤字脱字…スルーしてね(´;ω;`)
    気付いたら直します。

    ~参加中~
    人気ブログランキングへ

リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア


RSSフィード


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都・伏見、真言宗醍醐派の大本山である醍醐寺へ用事があったため、ちょっくら行ってきました。

醍醐寺とは?
(ウィキペディアにリンクしてます)

まぁ、いろいろあって10月?11月は週2回くらい通ってたのですが…私が通っていたのは下醍醐(醍醐三宝院・醍醐寺霊宝館・伽藍がある所です)だったので、実は上醍醐(薬師堂や如意輪堂などなど)には行ったことがなかったのです。
なので、この機会に…と、上醍醐へ登ってきました!!!!

正直…マジでしんどかったですwww

上醍醐へ行くには、山を登らないといけなくて、一応階段のように整備してあるのですが…またこれが結構急で大変なんです!!!
しかも卒論を書くのに連日徹夜でヒーヒー行ってたところに、急な運動で…なおさらもうしんどくて…(泣)
私はこの後、ちょっと用事があって四条の方へ出る用事があったので、普通にジーンズにコートに手持ちのバッグで登ったのですが、これもちょっと無謀でしたwww
すれ違う人、みんな登山ルック…ジャージに首タオル、もしくは修験者風の人など、山に登るっていうのをしっかり考えた服装の方ばかり。
(登っている人は、観光客の方もいまいたが、結構地元の人も多いのですよ)
かなり後悔しました(-_-;)
唯一の救いは、スニーカーを履いていたこと!!
登る際には、せめてスニーカーとタオルと飲み物だけは持っていたほうが無難かと☆


でも、登るのは大変でしたが、上醍醐…とてもいい場所でした(*^_^*)
登っていくにつれ、すごく空気が澄んでくるんです。
それに緑も気持ちがいい。
ハァハァと息は上がってますが、清々しい気持ちになります。
ちょうど私が登った時、修験者風(?)の方も登っていて、ほら貝を吹いてました。
静かな山に響き渡るほら貝の音…こんなにいい音色だとは思いませんでした。

それから、上にある建物もすばらしい!!
よくこんな所まで木材を運んで、こんな立派な建物を建てたなぁ?と思わず( ゚Д゚)ポカーンと眺めてしまいました…。
特に如意輪堂と五大堂にはビックリ。
五大堂の方には、五大明王の仏像があるのですが、霊宝館にあるものとはまた違った迫力があって凄かったです。(貸し出しているのか、2体は看板しかありませんでしたが(^_^;))
あと、この建物の一つに薬師堂というのがあるのですが、昔はここに、今は下醍醐の霊宝館にある国宝の薬師如来と日光菩薩・月光菩薩が安置してあったのですが…どうやって下まで降ろしたんだろう…とちょっと考えてみたり。
いろいろと見るところがあるので、見てまわった後、一番景色のいいところで休憩。
本当に遠くまで素晴しい景色が広がっていて、とても綺麗でした。

もともと修行の場なので道のりが険しいのは仕方ないのですが、登りきると素晴しい景色・建物に出会えますよ☆
是非一度登ってみてください(^O^)


?おまけの写真?

↓伽藍・金堂
15105033(2).jpg


↓五重塔
15105945(1).jpg


↓講堂
15111235(1).jpg


↓まだちょっとだけ黄色い葉が残ってました☆
15110912(1).jpg


↓庭
15111312(1).jpg


↓上醍醐入り口
15111838(1).jpg


↓途中の山道
15120915(1).jpg


↓豊臣秀吉が行った醍醐の花見の説明看板なども立ってます
15112817(1).jpg


↓上醍醐の看板…でも上醍醐の建物まではまだまだ道が続いてます…。
15121033(1).jpg


↓つらい山道のあとに…
15122059(1).jpg 15122506(1).jpg


↓国宝薬師堂
15122742(1).jpg


↓五大堂
15123753(1).jpg


↓如意輪堂
15124456(1).jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://katsukinotsubuyaki.blog8.fc2.com/tb.php/567-48cdccb9

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。